さまざまな種類のホイールに関する日々の修理作業レポートを掲載していきます。

Artisan's WORKS  40 [ランボルギーニ]

画像(177x180)・拡大画像(631x640)

今回は、ランボルギーニ ウラカンEVO
オプション20inホイールの修理のご紹介です。

ランボルギーニさんのホイールはデザインも複雑で
鍛造のホイールが比較的に多いのでかなり気を使います。
こちらも鍛造のホイールです。
天面のダイヤモンドカット部に
少しだけの傷ですが、ご紹介させて頂きます。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

こんな感じの傷です。

ちなみにダイヤモンドカットデザインの
ホイールはちょっとした傷であっても、
天面のダイヤモンドカット部は全て切削をします。

なぜかと?
簡単に言うと傷の部分だけを切削してしまう
全体のデザインが全然変わってしまうからです。

画像(180x131)・拡大画像(640x466)

はい、切削完了です。


画像(180x180)・拡大画像(640x640)

綺麗になりましたね。
天面が虹色に輝いているのが、
ダイヤモンドカット施工の特徴ですね。

鍛造ホイールを通常通り切削してしまうと、
結晶痕が沢山出て見た目が悪くなってしまいます
ですが、結晶痕なくバッチリ仕上げましたね。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

それから、最終クリアー塗装からの
オーブンで焼き付けて完成です!


画像(180x180)・拡大画像(640x640)


はい、出来上がりです!


画像(180x180)・拡大画像(640x640)

こんな感じです。

ダイヤモンドカット施工は
どんなホイールでもお任せ下さい!

Posted by futaba職人

ページのトップへ ページのトップへ

カテゴリーリスト

検索


最近の記事

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2011 futaba company All rights reserved.