さまざまな種類のホイールに関する日々の修理作業レポートを掲載していきます。

ランドローバー イヴォーグ ホイール仕様変更 [ランドローバー]

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

今回ご紹介しますのは、
修理ではなく、ホイールの仕様変更です。

通常のシルバー塗装されているホイールを
ブラックポリッシュ仕上げに変更していきます。

イヴォーグのメーカーオプションの
ガンメタポリッシュとはあえて違う仕様に変更していきます。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

はい、まずはホイール全てに塗装されている
シルバーの塗装を剥離作業をしていきます。

こちらが剥離作業後ですが、
分かりづらいですね。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

こんな状態です。

アップにしてもわかりにくいですが、
表面がザラザラしてる状態ですね。
アルミ本来の素地の状態です。

ここから塗装→切削をしていきます。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

はい、ブラック塗装完成です。

もちろんインナーも全て塗装をしております。

続いて天面をダイヤモンドカットにて切削して

天面をピカピカに輝かせます。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

はい、切削完了です。

ここから最終クリアー塗装から

オーブンで焼き付けて作業完了です。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

はい、完成です!

カッコよく仕上がりましたね。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

元々はこんなシルバーですが、、

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

こんな感じに仕上がりました!

純正のオプションのホイールとは

ブラックの色や天面の輝き具合は違う仕様ですが、

もちろん純正のオプションホイール同様に仕上げも可能です。

Posted by futaba職人

アウディ RS5 ホイール修理 [アウディ]

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

今回ご紹介しますのは、
アウディRS5のフルポリッシュのホイール修理です。

こちらのホイールは傷は少しだけですが、
部分だけで修理をしてしまうと
せっかくのフルポリッシュが部分だけ
色合いが変わってしまうので、
ホイール全体を施工していきます。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

ほんの少しの傷です。

ポリッシュ部も洗車傷がありますね。

全体をリフレッシュしていきます。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

はい、傷傷処理完了。

まずは傷処理のため
ダイヤモンドカット施工をします。


画像(180x180)・拡大画像(640x640)

傷もしっかりと消えましたね。

ここからが本番ですね。

こちらのホイールは
フルポリッシュのデザインですので、
本来のホイールの製造工程と同じ工程をしていきます。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

はい、ホイール全体を磨き上げました。

ここからもう一段階磨きあげます。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

はい、もう一段階磨き上げ完了です。

ピカピカですね。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

こんな感じで鏡みたいに

ホイールに手も映り込むぐらいです。


画像(180x180)・拡大画像(640x640)

はい、完成です。

最終クリアー塗装から
オーブンで焼き付けて出来上がり。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

アウディさんのホイールの特徴として、

他メーカーのクリアー塗装に比べると

曇りが入ったクリアー塗装ですね。

先ほどのピカピカな状態を
あえて少し曇らせているデザインですね。

これで以上です、ありがとう御座いました。


Posted by futaba職人

Artisan's WORKS 41 [フェラーリ]

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

今回はフェラーリ カリフォルニアT
20inホイールの修理のご紹介です。

このホイールは一見ダイヤモンドカット仕上げ
に見えますがそこからさらにポリッシュ仕上げにて
施工されいるデザインのホイールです。

こちらを元々と同じ工法で修理していきます。

少し傷がわかりにくいのですが、
赤丸の部分3箇所に傷があります。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)



まずは左側のこちらと。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)



右側にもありますね。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)



最後に右下のこちらです。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

ポリッシュ仕上げにはなりますが、
まずは傷をとるためにダイヤモンドカットにて
切削していきます。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

ダイヤモンドカット仕上げですと、
天面が虹色輝いていますね。
この状態でも綺麗ですが、
こちらのホイールのデザインは
ポリッシュ仕上げになりますので、
これから、綺麗な虹色を消し込んでいきます。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

傷は3箇所だけでは御座いましたが、

ダイヤモンドカットにて全面を切削しましたので、
天面を全てポリッシャーで磨き込んでいきます。

実は、
この作業は職人が丁寧に少しづつ磨き込みますので
かなり時間がかかる作業なんです。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

はい、ポリッシュ完了です。

輝き具合がダイヤモンドカット仕上げより、
よりクリアに輝いてますね。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

ポリッシュ後は虹色も見事に消えましたね。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

こちらも仕上げにクリアー塗装から
オーブンで焼き付けて完成です。

画像(176x180)・拡大画像(626x640)

完成!

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

左側です。
綺麗になりましたね。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

右側です。
こちらもバッチリです。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

最後に右下もバッチリ綺麗です。

ポリッシュ仕上げの修理には、
通常のダイヤモンドカット施工よりも
少々お時間を頂戴致します。

お問い合わせお待ちしております。

Posted by futaba職人

Artisan's WORKS  40 [ランボルギーニ]

画像(177x180)・拡大画像(631x640)

今回は、ランボルギーニ ウラカンEVO
オプション20inホイールの修理のご紹介です。

ランボルギーニさんのホイールはデザインも複雑で
鍛造のホイールが比較的に多いのでかなり気を使います。
こちらも鍛造のホイールです。
天面のダイヤモンドカット部に
少しだけの傷ですが、ご紹介させて頂きます。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

こんな感じの傷です。

ちなみにダイヤモンドカットデザインの
ホイールはちょっとした傷であっても、
天面のダイヤモンドカット部は全て切削をします。

なぜかと?
簡単に言うと傷の部分だけを切削してしまう
全体のデザインが全然変わってしまうからです。

画像(180x131)・拡大画像(640x466)

はい、切削完了です。


画像(180x180)・拡大画像(640x640)

綺麗になりましたね。
天面が虹色に輝いているのが、
ダイヤモンドカット施工の特徴ですね。

鍛造ホイールを通常通り切削してしまうと、
結晶痕が沢山出て見た目が悪くなってしまいます
ですが、結晶痕なくバッチリ仕上げましたね。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

それから、最終クリアー塗装からの
オーブンで焼き付けて完成です!


画像(180x180)・拡大画像(640x640)


はい、出来上がりです!


画像(180x180)・拡大画像(640x640)

こんな感じです。

ダイヤモンドカット施工は
どんなホイールでもお任せ下さい!

Posted by futaba職人

Artisan's WORKS  39 [ポルシェ]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

今回はポルシェ971パナメーラ21インチ
SportDesignホイールの修理のご紹介です。

このホイールは細かいスポーク部は
ハイパーシルバー塗装の施工されており
リム部はダイヤモンドカット施工デザインですね。


   走行中はリム周りだけがピカピカと輝いて見えるカッコ良いホイールですね。
   今回はそのリム外のダイヤモンドカット部だけのガリ傷修正です。



画像(135x180)・拡大画像(480x640)

こんな感じのガリ傷です。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

こんな感じのガリ傷です。
ちょっとわかりにくくてすいません。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

はい、出来上がりです。
リム外だけダイヤモンドカットで切削しました。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

今回は塗装部分には傷無しだったので
かなり早く仕上がりました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

すいません、今回は簡単なご紹介でした。

ちなみにこのデザインであれば
リム部のダイヤモンドカットはしっかり残して
塗装部分だけをカラーチェンジで
グロスブラックやマットブラックなどなど、
ご要望のカラーにかっこ良く仕上げ可能です。


         お問い合わせお待ちしております。

Posted by futaba職人

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

フタバカンパニートップページはこちらから

カテゴリーリスト

検索


最近の記事

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2011 futaba company All rights reserved.